女性の薄毛のお悩み

女性のAGA【加齢と共に多くなるFAGAによる薄毛は治る?原因と特徴を解説】

2020年5月10日

女性のAGA【加齢と共に多くなるFAGAによる薄毛は治る?原因と特徴を解説】

女性のAGA【加齢と共に多くなるFAGAによる薄毛は治る?原因と特徴を解説】

女性の薄毛のお悩み

  • 薄毛の原因とは?
  • 女性のAGAとは?
  • FAGAとは何か?
  • FAGAの特徴とは?

上記の内容で薄毛解決に一歩近づく

結論:

女性のAGAはあります。

ただ、男性の AGAとは相違点が多くあります。
詳しく見ていきましょう。

 

そもそもAGAとは一体なに?

そもそもAGAとは?
▶︎男性型脱毛症のことを指します。ヘアサイクルが乱れ髪の成長期に長く伸びることができず、脱毛周期を繰り返すことです。

AGAの特徴とは?

AGAは進行型の脱毛症です。徐々に抜け毛の箇所が拡大しめす。例えば、頭頂部が広がる。生え際が後退していきます。

AGAの特徴とは?

  • 頭頂部
  • 生え際
  • つむじ部分

上記が薄くなり頭皮が目立ちます。
※逆に側頭部分は残る場合が多い。

 

AGAの原因とは?【ヘアサイクルとの関係】

薄毛はヘアサイクルの異常が原因。

通常ヘアサイクルは【発毛期→成長期→脱毛期】という流れの周期を繰り返します。

AGAの原因

AGAの場合は髪の毛が成長期に、

  • 太く
  • 長く

成長期の期間が短くなり髪の毛の育成ができず、脱毛期に髪が抜けていくことが原因です。

 

髪の毛が抜ける原因とは?

AGAによる髪の毛が抜ける要因は男性ホルモンの影響が大きいです。

髪の毛が抜ける流れ

男性ホルモンの1つである、

  1. DHT(テストステロン)が毛根近くで酵素と結合.
  2. 酵素の5αリダクターゼと結合します。
  3. 悪玉男性ホルモンに変換される。
  4. DHTが成長期の毛髪に悪影響を与えます。
  5. 成長期に育成できず脱毛期に突入する。

成長できず抜け毛が増え「薄毛」という流れに陥ることになります。

 

★もっとAGAの原因について知りたい方はこちらの記事へ

 

 

女性のAGAとは何?

女性版のAGAはあるのか?

女性の身体にも男性ホルモンが存在するのか?

男性ホルモンという名前ですが、女性にも男性ホルモンは存在します。

と考えると、
女性も男性ホルモンの影響で抜け毛や薄毛の原因になるんだなという印象が残ります。
女性の場合は男性ホルモンでなく、女性ホルモンが影響しています。

 

FAGAについて

なぜ、女性も抜け毛が増えるのか?

  1. 加齢とともに女性ホルモンが減少します。
  2. 女性ホルモンの減少によって起こるAGAを「FAGA]と呼びます。
  3. 男性のAGA区別するためにFAGAと呼ばれています。
  4. FAGA=女性男性型脱毛症ということです。

 

FAGA・女性版AGAになる要因とは?

男性の場合は男性ホルモンのDHTが脱毛に影響を与えると説明しました。

▶︎女性の場合は、
女性ホルモンのエストロゲンが影響します。

 

エストロゲン

女性ホルモンの1つエストロゲンとは?

髪の毛を育てる働きがあります。
ヘアサイクルの成長期間を長くする効果があります。

女性のエストロゲンの分泌が活発なときは、
DHTの濃度が非常に少ない為、
抜け毛になる心配はありません。

▶︎しかし加齢と共に女性ホルモンのエストロゲンの分泌が少なくなることでFAGAになります。
女性の場合は、女性ホルモンとエストロゲンが重要になる事が分かったと思います。

 

★女性ホルモンのエストロゲンを増やす方法はあるのか?こちらの記事を参考にしてください

 

FAGAの治療のポイントとは?

FAGAの治療のポイント?

AGAとFAGAと抜け毛の相違点

AGAとFAGAでは脱毛箇所や脱毛ポイントが異なります。

 

FAGAとAGAでは髪の毛が抜ける箇所が異なる

  • AGAは頭頂部や変え際が部分的に薄くなる傾向です。

  • FAGAは髪の毛全体が薄くなることが多い傾向です。

男性の場合は、サイド面(側面)の髪の毛が多く残りバーコードハゲのようになっていることがありますよね。
つまり、抜ける箇所で変るということです。

 

FAGAとAGAでは進行度合いが違います。

  • AGAは進行型の脱毛症で放置すれば髪が減り続けます。

  • FAGAは女性ホルモンは減少しますが一定量は分泌されるため進行型の脱毛症ではありません。

 

FAGAの治療方法は2つある?

FAGAの治療方法は2つある?

有効なFAGA対策は2つあります。

FAGA対策 ①エストロゲン対策

FAGAの有効な対策はなんでしょうか?
みなさんもお気づきではないでしょうか?


女性ホルモンのエストロゲンを増やすことがポイントになります。

ポイント

  • 女性ホルモンを増やす食事をとる
  • ストレスを減らす。
  • 6時間睡眠時間を確保する。

エストロゲンを増やす方法を取り入れることで健康な髪を維持しましょう。



女性ホルモンを増やす方法は別記事でご案内しますね。

 

 

FAGA対策 ② AGAクリニックの活用

AGAクリニックで治療をすることです。
AGAの治療でミノキシジルでの治療法があります。

ミノキシジルの治療でしたら女性にも効果的です。
ただ、プロペシアによる治療は禁止されています。


誤ってもプロペシアを選択しないようにしてくださいね。

 

FAGA対策 ミノキシジルとは?

ミノキシジルの効果は発毛促進です。

  1. ミノキシジルは血流を促し毛根に必要な栄養素を届けます。

  2. 栄養素が毛根に届くことで発毛が促され産毛のような髪が生え太く成長していきます。

 

FAGA対策 ミノキシジルの注意点

ミノキシジルには副作用があります。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルの副作用は、

  • だるさ
  • 倦怠感
  • 血圧低下
  • 体毛増加
  • 心臓への悪影響

上記のような副作用が懸念されます。



★もっとミノキシジルの発毛効果と副作用について知りたい方はこちらの記事を参考にしてください

 

 

ミノキシジルの副作用に配慮した方法とは?

ミノキシジルには副作用があります。
安全に服用するためにAGAクリニックを選ぶ選択肢があります。

副作用が発症した場合に、

専門的な知識をもった医者(ドクター)に直接相談することができます

AGAクリニックの診察料金

AGAクリニックの診察料は、

  • 初診料金
  • 再診料金
  • 相談・カウンセリングが無料です。

実質、処方薬のみでFAGA治療を開始することができます。
副作用のリスクを考えると1つの選択肢ただ思います。

 

女性に特化したのFAGAに対応したクリニックはこちらへ

 

まとめ:FAGAとは?

まとめ FAGAとは?【AGAは女性にもある?エストロゲンとの関係】

 

FAGAとは、女性版のAGAです。


AGAと比べると相違点もありますが、治療する方法で同じところも多々あります。

FAGAのポイントは、

  1. 女性ホルモンを増やす行動を行う。

  2. AGAクリニックで治療する

この2択になります。
自分にあった方法でもっと素敵な自分になりましょうね。



FAGAは進行型のAGAに比べると進行が緩やかです。
早期治療をすることで早くの改善が見込まれます。

無料相談を利用してオシャレを楽しみましょうね。

 

★女性のAGAにも対応したクリニックがあります。
こちらの以下の記事を参考にしてください。


さらに詳しく

AGA治療と薄毛対策のQ&A

 

おすすめのAGAクリニック

AGAクリニック専門医 
安心して治療するなら

-女性の薄毛のお悩み
-, , ,

© 2021 ペン丸ブログ 「育毛の手順書」~AGA・薄毛治療で生まれ変われた私の発毛体験談