AGA治療のコツ AGA治療薬のお悩み

ハゲになる原因とは?【なぜ?抜け毛が増えて薄毛になるのか】

  1. HOME >
  2. AGA治療のコツ >

ハゲになる原因とは?【なぜ?抜け毛が増えて薄毛になるのか】

 

AGAになる原因がわかる記事です

  • どうして薄毛やAGAになるの?
  • 抜け毛の原因とは?
  • 頭皮による髪のヘアサイクルって?
  • AGAって何?

といった疑問の声にお答えします。

 

ハゲになる原因とは?【なぜ?抜け毛が増えて薄毛になるのか】

薄毛と抜け毛のヘアサイクルとは?髪の毛が抜ける原因を考える。
皆さんは、薄毛や抜け毛の本数が増えたなって感じることはありますか?

 

毛の原因はヘアサイクルの乱れです。

 

2人に1人は薄毛や抜け毛が気になると感じてるようです。

 

成人男性の対象にアンケートでは、
薄毛・抜け毛に悩んでいると答えた成人男性は60%以上になりましま。


この結果から考えると、

自分もその一員ひとりであっても不思議ではないのかなって感じるとおもいます。

 

抜け毛や薄毛になる原因とは?

抜け毛・薄毛の原因とは?

  • 頭皮の炎症
  • 異常による脱毛。
  • 何らかの病気や薬剤の副作用による脱毛。
  • 男性型脱毛症(AGA)による脱毛。

 

薄毛の原因のひとつ【AGA 男性型脱毛症について解説

AGA・男性型脱毛症とは?

ある原因による薄毛、抜け毛のこと。
テレビコマーシャルで「AGA」という言葉を聞いた事があると思います。

 

それが原因なんです!

 

男性型脱毛症=AGA(エージーエー)のことです。
※壮年性脱毛症も同じ意味と考えてください。

 

抜け毛と薄毛の原因であるAGAの発生要因とは?

AGA(男性型脱毛症)による、

抜け毛や薄毛の原因は人間のヘアサイクルの変化によって起こります。

 

ヘアサイクルは発毛期→成長期→脱毛期という流れで成長していきます。

 

 

髪の毛が発毛し長く太く成長する前に髪の毛の成長がストップ!→抜け落ちる現象です。

薄毛・抜け毛が進行し薄毛状態になり、いわゆるハゲの状態へ進行していきます。

 

薄毛や抜け毛が気になると回答を答えた男性は、
既に壮年性脱毛症がゆっくりと進行している可能性があります。

 

薄毛の原因 ヘアサイクルと毛周期の仕組み

人間の髪の毛の数は約10万本であり、髪には一定の寿命期間があります。

 

髪の毛は本来
成長しきった後

自然に抜け落ちる

再び毛穴から新たに髪の毛が生まれる。

この仕組みをヘアサイクル・毛周期といいます!
この状態は正常な状態です。

 

  • 成長期に初期成長期と後期成長期(2-6年)
  • 後退期(2週間程度)
  • 休止期(3.4か月)3つの区間に分けられます。

 

 

ヘアサイクルの乱れと薄毛の原因であるAGAの関連性

ヘアサイクルの乱れと薄毛の原因であるAGAの関連性
男性型、壮年性脱毛症(AGA)は薄毛の原因である
DHTが体内でどのような現象が起こり抜け毛が早まってしまうかを見ていきます。

 

薄毛の原因であるDHTによる影響

ヘアサイクルが乱れると毛髪の成長期が短縮します。
毛髪が大きく太く成長する前に成長が終わります。

抜け毛が増え脱毛期に突入します。

 

これがAGA(男性型脱毛症)です。

 

AGAとDHTの関係

男性ホルモンのひとつであるテストステロンが毛根近くで酵素5αリダクターゼと結合します。

            ↓

その結果、DHT(ジヒドロテストステロン)という物質に変わります。

 

物質が変わる事で悪玉男性ホルモンに変換されてます。

 

このDHTが成長期の毛髪に悪い作用を促します。
毛髪の成長期を短縮させ抜け毛、脱毛を起こります。

 

 

AGAによる抜け毛・脱毛はどの箇所に多いのか?

AGAの脱毛箇所

AGAはDHTの影響により毛髪が抜けることが分かりました。
DHTの影響で毛髪が抜けやすくなる箇所があります。

  • 額の生え際 部分
  • 頭頂部・つむじ 部分

AGAは頭部全体が薄くなるというよりは前頭部や頭頂部中心に起こる脱毛現象です

 

 

よく街中で両サイドの髪の毛はあるが前頭部分と登頂部分が薄くなっている人を見かけることはないでしょうか?
バーコードハゲもそういった薄毛のなり方になってませんか?

AGAによる薄毛である可能性が大です。

 

 

髪の毛が成長する3つの期間について

ヘアサイクルは大きく3つの期間に別れるとお伝えしました。
成長期、後退期、休止期において毛髪の成長は以下の様になります。

 

髪の毛の成長について

初期

成長期

後期

成長期

後退期休止期
毛髪の状態新しい毛髪が生える

古い毛髪が抜ける

成長する成長しない成長しない

※成長期の毛髪は全体の80~90%、休止期の毛髪は10~20%を占めると言われている。

 

 

ヘアサイクルの乱れ図

ヘアサイクル図でみる脱毛の流れです。

薄毛の原因 ヘアサイクルの乱れ

 

 

AGA起因で起こる髪の毛の変化

薄毛の原因であるAGAで起こる抜け毛の状態

AGAはヘアサイクルが短くなることで起こる脱毛現象だとわかりましたよね。
正常なヘアサイクルと比べた時の脱毛の毛髪本数の違いについて見ていきます。

 

脱毛本数に変化が起こる。

  • 正常なヘアサイクルの人は、
    50本~100本は抜けるといわれています。

 

  • AGAによる抜け毛原因の人は、
    正常な人の2、3倍は抜けることがあります。
           ↓
    AGA(男性型脱毛症)を疑って見てもいいと思います。

 

 

 

髪の質感の変化が起こる。

髪の質感に変化が起こる場合があります。

      髪質が硬い毛

        ↓

  軟化し細い髪の毛に変化する。

 

※成長する前に抜けるから頼りない髪質になる。
ペン丸自身AGAの1人。

 


成長期に髪の成長が見込めず、細い髪の毛が増えると共に抜け毛も増えました。

・髪の毛を触った時に昔と比べて柔らかくなったという印象がありました。

 

↓AGA治療に興味がある方はAGAクリニックの選び方も参考にしてください↓

 

 

まとめ

薄毛の原因

抜け毛原因AGAの特徴が理解できたのではないでしょうか?
早期の治療開始がふさふさの髪の毛を取り戻すための大一歩です。

 

  • 髪の毛にはヘアサイクルがある。(成長期、後退期、休止期)
  • 硬い髪質→柔らかな髪質に変化がみられる。
  • 悪玉男性ホルモンの影響。
  • 生え際や後頭部に集中して起こる。

 

↓AGAのことについて順をおって解説しています↓

薄毛対策・AGA治療のまとめ【ハゲを克服するための治療薬から手順】

続きを見る

 

-AGA治療のコツ, AGA治療薬のお悩み
-, , ,

© 2020 ペン丸ブログ【発毛への手順書】〜AGA治療の体験談〜