AGA治療薬とは?【効果・副作用】 ミノキシジルについて 女性の薄毛対策と治療とは?

ミノキシジル(ミノタブ)の副作用【内服外用の動悸・むくみ・多毛症・心臓とは?】

2020年10月29日

 

ミノキシジルの副作用について分かる記事です。

 

これからミノキシジルを使用開始する方、
これからAGA治療を行う方へ

  • ミノキシジルの副作用
  • ミノタブの副作用
  • ミノキシジルの副作用の体験談
  • どのような副作用が起こるか

上記のミノキシジルの副作用に関して分かる記事内容です。

 

ミノキシジル(ミノタブ)の副作用
【内服外用の動悸・むくみ・多毛症・心臓とは?】

ミノキシジル(ミノタブ)の副作用 【内服外用の動悸・むくみ・多毛症・心臓とは?】

ミノキシジルを服用すると副作用が起こる場合があります。

 

普段服用する風邪薬より発症する可能性は高い印象です。
どのような副作用が起こるかあらかじめ知っておきましょう。

 

事前に副作用を知ることで前向きに
薄毛治療と向き合うことができます。

 

ミノキシジルの副作用でどのような症状が起こるのか?
【ミノタブ誕生から副作用を考える】

ミノキシジルの副作用でどのような症状が起こるのか?

ミノキシジルの誕生について
【ミノキシジルの開発経緯】

ミノキシジルは現在ではAGAや薄毛の治療薬として使用されています。

ミノキシジルの元々の開発経緯は薄毛治療のためではありません。
ミノキシジルの副作用が薄毛治療につながるきっかけです。

 

ミノキシジルは高血圧治療薬?

ミノキシジルは薄毛治療のために開発されたAGA治療薬ではない。

高血圧症の薬として開発されました事実。

 

ミノキシジルの誕生
【副作用から薄毛治療応用へ】

ミノキシジルは高血圧の治療薬【血管拡張剤(高血圧の経口薬として)】
として開発されました。

後に髪への発毛効果があることが発見され、
1980年代に世界で初めて認可された(AGA)脱毛症の治療薬です。

 

ミノキシジルの多毛症から

高血圧症の治験の段階で多毛症の副作用が発症しました。
この副作用がAGA治療に応用されるきっかけとなりました。

要するにミノキシジルを服用する場合、多毛症を発症する可能性があります。
そのおかげで頭皮にも発毛を促してくてくれます。

 

今現在のミノキシジルの使用状況は?

今現在ではミノキシジルは薄毛治療やAGA治療の脱毛症対策として世界で使用されています。

アメリカを始め、世界で90か国以上で承認された成分であるミノキシジル。
日本でもドラッグストアや薬局で第一医薬品として、
ミノキシジルが有効成分として配合されており購入することができます。

amazonで購入してみる?

 

 

ミノキシジルは
日本で認められた成分なの?

ミノキシジルには、外用薬(塗り薬=頭皮に塗るタイプ)
内服薬(経口薬=薬のように飲むタイプ)

この2種類があり、どちらも発毛の効果が期待できます。

 

ミノキシジルは日本で認可された成分?

日本で認可を受けているのは、
【ミノキシジルの外用薬のみ】

・リキッドタイプ(外用薬)
・経口タイプ  (内服薬)
2種類あり発毛剤・育毛剤として認められているのは外用薬のみ

 

ミノキシジルは女性でも使用できるのか?

女性でもミノキシジルは服用可能です。

ミノキシジルは女性使用可能

ミノキシジルは男性女性に関わらず
性別に関わらずミノキシジルを使用できます。

 

フィナステリドは?

※ただ注意が必要です。

AGA治療薬のフィナステリド、デュタステリドは女性は服用できません。
ミノキシジルのみ男女どちらでも使用できます。

女性の薄毛治療に関してはこちらも参考にしてくださいね。

 

 

ミノキシジルの内服薬、外用薬の種類とは?

ミノキシジルの内服薬、外用薬の種類とは?

ミノキシジルは内服薬と外用薬に分かれます。

内服薬と外用薬の副作用の症状の現れ方は異なります。
その特徴を見ていきましょう。

 

ミノキシジルの内服薬・外用薬

ミノキシジルは2種類のタイプがある。

【内服薬】
飲み薬のため、身体に直接副作用が現れやすく、頭皮には現れにくい。

【外用薬】
塗り薬のため、身体に直接副作用が表れにくく、頭皮に現れやすい。

 

ミノキシジルの外用薬に
現れやすい副作用とは?

ミノキシジルの外用薬を使用した場合の最も多い副作用とは?

「頭皮のかゆみ、異常」です。
頭皮に関する副作用が多い印象です。
ミノキシジルの含有量%が多いほど副作用が発症しやすいです。

ミノキシジルの外用薬

  • 頭皮の発疹
  • 頭皮のかぶれ
  • フケ
  • 頭痛、めまい
  • 胸の痛み、心拍が速くなる
  • 手足のむくみ
  • 接触皮膚炎
  • 湿疹
  • 脂漏性皮膚炎

 

ミノキシジルの内服薬に
現れやすい副作用とは?

ミノキシジルの内服薬を使用した場合の最も多い副作用とは?

※ミノキシジルの服用量が多いほど、副作用のリスクが高まります。
ただ、発毛効果はさらに期待できます。

ミノキシジルの内服薬

  • 低血圧
  • 血圧反射
  • 多毛症(体中)
  • むくみ
  • 頭痛、めまい、ふらつき
  • 動悸、息切れ
  • 赤ら顔、潮紅
  • 心臓への悪影響

 

内服薬・ミノキシジルを長期に渡って
服用する場合の注意点

内服薬ミノキシジルを長期に渡り服用する場合は注意が必要です。

なぜなら副作用のリスクが高いからです。

 

外用薬の場合は副作用のリスクは低くなります。
逆に内服薬の場合は長期の服用の場合リスクを高めます。

個人で判断せず医師に相談することをおすすめします。

ミノキシジルの錠剤は血圧を下げる降圧剤として開発された医薬品です。
降圧剤として医薬品で使用されることはありません。

循環器系への副作用のリスクが高める経緯があるからです。
安心して薄毛、AGA治療を行うために忘れずにしておきたいポイントのひとつです。

 

ミノキシジルによる副作用の詳細を教えます!

ミノキシジルによる副作用の詳細とは?

ミノキシジルを服用した場合に起こりやすい副作用とは?

 

はてな

  • めまい
  • むくみ
  • 頭皮への影響
  • 動悸 
  • 多毛症
  • 肝臓への影響

上記の副作用に項目について詳しく見ていきましょう。

 

ミノキシジルによる
「めまい・ふらつき・立ちくらみ」

ミノキシジルの内服薬を服用の場合に副作用として低血圧にある時に起こる
「めまい」「ふらつき」「立つくらみ」の症状が起こる場合があります。

 

ミノキシジルの血圧降下作用

考えられる原因として、
ミノキシジルが高血圧症の開発経緯があり血圧降下作用があるからです。

現在ではAGA治療や薄毛治療で効果を発毛効果の恩恵を受けることが出来ますが、
当然血圧も下がりやすなります。

そのため、服用した場合「ふらつき」に似た症状が出ることがあります。

AGAクリニックなど医師の監督の元、服用を開始されることをおすすめします。
服用量によっては「不整脈」「倦怠感」などの症状が強くでる場合があるためです。

AGAクリニックについて知りたい方はこちらの記事を参考にしてくださいね。

 

 

ミノキシジルによる「むくみ」

ミノキシジルの内服薬を服用した場合に「血管拡張作用」によって発毛促進を促します。

その際に身体に副作用として顔や足に「むくみ」の症状が起こる場合があります。

 

ミノキシジルの血管拡張効果

血管拡張作用によって「血の巡り」が良くなると
血中濃度が下がり、水分を輩出します。

身体の濃度を元に戻そうとするために排出された水分が留まり「むくみ」に繋がります。

 

 

ミノキシジルによる「動悸・息切れ」

ミノキシジルの内服薬を服用した場合に
「動悸・息切れ」が起こる場合があります。

胸がドキドキしたり、胸が苦しくなる症状です。

 

 

ミノキシジルの血流の流れを良くする

ミノキシジルによって一時的に拡張された血管の圧が下がり血流が良くなります。
この血流の流れが良くなることで心臓が通常以上に働いている状態になります。

この状態になると短距離走を全力疾走した後のような心臓へのドキドキ感を体験したころがあると思いますが、
あのような傾向になるので心臓へ負担をかけることになります。
※全力疾走は心臓のどきどき感を表すために表現しました。

 

 

 

ミノキシジルによる
「頭皮への影響(かゆみ・かぶれ)」

頭皮への「かゆみ」などの悪影響はミノキシジルの内服薬を服用した場合にも起こることがあります。
基本的にはミノキシジル外用薬(塗り薬)を使用した際に起こりやすいです。

ミノキシジル外用薬を頭皮に添付した際にミノキシジルを含む医薬品成分が頭皮と反応を起こし頭皮に悪影響を与える場合があります。
頭皮に「かゆみ」「かぶれ」などの炎症を起こします。

 

ミノキシジル外用薬の添加剤 

外用薬に含まれる添加剤の、

  • エタノール
  • ブチレングリコール
    原因と言われることがあります。

外用薬をご使用の際は初めに大量に購入せず、
自分の頭皮に合った外用薬を使用するようにしましょう。

 

 

 

ミノキシジルによる「肝臓への影響について」

ミノキシジル内服薬を服用した場合に肝臓へ影響を起こす場合があります。

肝臓への影響度合いは血液検査で調べることが可能です。
「γ-GTP」や「GPT」の値によって知ることができます。

ミノキシジルと肝臓との関係 

ミノキシジルの内服薬を服用すれば必ず起こるものではありません。
別の原因によっておこっている場合もあるので
事前に血液の値を調べてみるといいかもしれません。

AGAクリニックなら血液検査も可能です。
安心して薄毛治療を行う場合はおすすめです。

 

 

★AGAクリニックで安心して治療を行うことをおすすめします。
病院の選び方はこちらの記事を参考にしてくださいね

 

 

ミノキシジルによる「多毛症(体毛が濃くなる)」

ミノキシジルの発毛効果によって多毛症が起こることがある。

 

内服薬のミノキシジルを服用した場合は、


成分がカラダ中に駆け巡るため、
結果として全体的に体毛がこくなります。


もちろん、腕、足などもそうです。

※ミノキシジル外用薬の場合は、
塗った場所が発毛を促される可能性がある。
頭皮に塗り込むようにしましょう。

 

 

ミノキシジルの副作用のひとつ初期脱毛とは?

ミノキシジルの副作用のひとつ初期脱毛とは?

ミノキシジルの使用開始後、数週間後に初期脱毛が起こる可能性が大です。

 

私自身も体験しましたし、もう2度と体験したくないのが
この初期脱毛です。

 

ミノキシジルによる「初期脱毛」

ミノキシジルを使用開始後、数週間後に一時的に髪の毛が抜ける現象がおこります。

初期脱毛が起こる期間は個人差がありますが、1,2カ月を目安でいいかと思います。
ただ、初期脱毛の程度も個人差がありますが、

 

ミノキシジルの初期脱毛についてもっと知りたい方はこちらへ
                    ※コンテンツ準備中

私のミノキシジル体験談

コンテンツ準備中

安全にミノキシジルを使用するために

コンテンツ準備中

まとめ

コンテンツ準備中

おすすめのAGAクリニック

AGAクリニック専門医 
安心して治療するなら

-AGA治療薬とは?【効果・副作用】, ミノキシジルについて, 女性の薄毛対策と治療とは?

© 2020 ペン丸ブログ