AGA治療薬の悩み

ミノキシジルの外用薬(塗り薬)のおすすめの効果【初期脱毛・副作用対策になる?】

2020年2月4日

ミノキシジルの外用薬(塗り薬)のおすすめの効果【初期脱毛・副作用対策になる?】

ミノキシジルの外用薬(塗り薬)のおすすめの効果【初期脱毛・副作用対策になる?】

ミノキシジルの外用薬(塗り薬)は、

  • 副作用は内服薬と比べてどうなのか?
  • 外用薬の効果はどうなのか?
  • そもそも外用薬は薄毛の対策なる?
  • 気軽に始める方法とは?
  • 安心して始める方法とは?

といった。
ミノキシジルのメリット・デメリットがわかる内容です。

結論:

ミノキシジルは、

  • 副作用対策になる
  • 外用薬も効果あり
  • 薄毛対策になる
  • 自宅から気軽に始められる
  • 安心して始められる

その理由を解説していきますね。

ミノキシジルの具体的な副作用とは?
【心臓のドキドキ・体毛・動悸・フケ?】

ミノキシジルの副作用とは?

ミノキシジルで起こりえる副作用とは?

  • むくみ
  • めまい
  • 倦怠感
  • 血圧低下
  • 体毛の増加
  • 心臓への悪影響
  • 初期脱毛(一過性の脱毛)など

ミノキシジル外用薬で副作用はどうなる?

ミノタブ(内服薬)の場合と比べると外用薬は、

上記の身体で感じる副作用のリスクを抑えれます。個人的には身体への負担がかなり違うと思います。

副作用が怖くてAGA治療に一歩踏み出せないという方は外用薬のミノキシジルをおすすめします。

副作用は完全になくなるのか?

外用薬に切り替えても完全に副作用のリスクを無くす事は出来ません。外用薬特有の痒みなども発生する可能性もあるからです。それでも身体への負担軽減になる方法であることは間違いありません。

 

★もっと詳しく【ミノキシジル】について知りたい方は、ミノキシジル(ミノタブ)の副作用【内服外用の動悸・むくみ・多毛症・心臓へのドキドキ感】をご覧にくださいね。

 

 

ミノキシジルの内服薬と外用薬で比較
【私のAGA治療体験談を元に解説】

私自身もミノキシジルを使用してきました。

  • 内服薬
    ミノキシジルタブレット(ミノタブ)
  • 塗り薬
    ミノキシジル含有外用薬

このようなミノキシジル含有の医薬品を使ってきた【私の体験談を元に】副作用のリスクを解説していきます。

 

ミノキシジルの副作用を比較してみました。【内服薬VS外用薬(塗り薬)】

だるさで比較。

ミノキシジル内服薬で身体へのだるさを経験しました。ただ外用薬の場合は、だるさを感じる事はありませんでした。

だるさの他に倦怠感も体感。
外用薬の場合は、だるさと同様に倦怠感を感じることはありませんでした。

外用薬は頭皮に塗り込むタイプなので身体の中への影響は少ないと思われます。

 

 

発毛効果で比較してみた

ミノキシジル内服薬の方が早くに発毛を実感しやすかったです。

外用薬も発毛を実感できますが、AGAの進行具合が【かなり】進行しているとキツく感じるかもしれません。

ただ外用薬のいいところはミノキシジルを塗り込んだ部分周辺が発毛することです。

内服の場合は副作用の影響で多毛症の影響を受ける可能性があるので多毛症を心配するなら外用薬がいいと思います。

 

 

初期脱毛で比較してみた。

私自身、ミノキシジルの内服薬でかなりの初期脱毛を体験しました。初期脱毛によって抜け毛が加速するためかなり精神的にしんどかった印象があります。

ただ、外用薬の場合は比較的、初期脱毛の程度は軽度であった印象はあります。

 

 

使い勝手の良さで比較してみた。

圧倒的にミノキシジル内服薬の方が楽です。食後などの縛りもありません。

どうしても外用薬の場合はシャワー後など清潔な頭皮へミノキシジル添付し馴染ませることが重要です。その部分をクリアできれば問題ありません。

 

 

ミノキシジル外用薬だからこそある副作用とは?

ミノキシジルの外用薬を使用中に頭皮に湿疹・痒みが現れました。

掻いたりすることに頭皮が悪化する場合も想定さており、塗り薬ならではの副作用だと思います。
内服薬を服用中は頭皮への湿疹や痒みは現れませんでした。

 

ミノキシジルの外用薬(塗り薬)や内服薬(ミノタブ)を比較すると良い面と悪い面が見えてきたと思います。

ミノタブ(内服薬)とミノキシジル含有外用薬(塗り薬)を比較すると、
メリットとデメリットが見えてきたと思います。

 

発毛効果は内服薬に比べると劣る傾向にありますが、塗り薬の副作用のリスクが少ないことのメリットは大きいと思います。

 

安心してAGA治療を始めるために

ミノキシジル含有の外用薬は比較的に副作用が少ない傾向にあります。それでも副作用が起こる可能性は否定できません。

また、プロペシア(フィナステリド)も含めて服用する場合は性的な影響も懸念されるため安心できる環境で治療に取り組むめたら安心ですよね。

そうなった場合はAGAクリニックで治療をスタートさせることをおすすめします。

 

気軽に相談できるAGAクリニックを見つけることがポイントになります。

 

「つむじハゲを克服した」私がおすすめするAGAクリニックの選び方:無料の活用方法とは?

続きを見る

 

身体のことを考えてリスクを考えることは重要です。AGAクリニックでもミノキシジル含有の外用薬で始めることができます。

 

うまくリスク分散していいスタートをきりたい方はAGAクリニックでスタートさせましょう!

 

効果が低いかもしれないが、とりあえずミノキシジル含有の外用薬を試したい場合は以下へ読み進めてください。

 

 

ミノキシジルが配合の外用薬とは?
【具体的な育毛剤・外用液とは?】

薄毛の対策(AGA) ミノキシジルの外用薬はどんなもの?

手軽気軽に始めるAGA治療もあります。
第1類医薬品の指定された商品です。

 

第1類ということは、第2類・第3類と比べてリスクが高いということになります。

 

どのような第1類医薬品のミノキシジルの外用薬があるのか?

上記の2点が有名です。

みなさんも、CMで見たりしたことがあるのではないでしょうか?

 

特徴はミノキシジルが配合されていること。
発毛成分ミノキシジルと育毛成分がバランスよく配合され手軽に始めることができます。

 

ミノキシジル外用薬(塗り薬:育毛剤)は女性が使用できるの?

ミノキシジルの外用薬は女性も使用可能です。

内服のミノキシジルは副作用が心配されますが、副作用のリスクは少なくなります。

それでも、不安という女性の方はAGAクリニックのレディース院で治療を始めると安心して行う事ができますよ。

★AGAクリニックでもミノキシジルの外用薬は処方してもらえるよ、

女性の薄毛治療ができる病院・おすすめのFAGAクリニックとは?【4選】

続きを見る

 

 

育毛剤と発毛剤の違いについて【ミノキシジルの含有の違い】

薄毛対策で使用する育毛剤と発毛剤の違いについて

育毛剤とは?

育毛剤の特徴とは?

  • どんな人が使ってもよい。
  • 薄毛や抜け毛の予防目的とするのが育毛剤です。
  • 一般的には医薬部外品やそれ以外が多いです。
  • ドラッグストアで気軽に購入できる。
  • ミノキシジルは配合されない。

 

発毛剤とは、

発毛剤の特徴とは?

  • 第一類医薬品に指定される。
  • 使用することで発毛効果が期待できる。
  • 発毛成分ミノキシジルが含まれる。
    育毛サポート成分も含まれる場合もありより効果的に配合になっていいる。
  • ドラッグストア・薬局店で購入可能。
    ただし、薬剤師の在中している場合のみ。

★もっと詳しく知りたい方は以下の記事へどうぞ

育毛剤と発毛剤の違いとは?【薄毛に悩む女性でも使える効果のある医薬品とは?】

続きを見る

 

ミノキシジル配合された医薬品とは?

上記のような医薬品、発毛剤が発売されています。

 

ミノキシジルの外用薬の注意点【AGA治療体験談】

ミノキシジルの外用薬の副作用について【ペン丸体験談】

内服薬ミノキシジルと比べると、

  • だるさ
  • 倦怠感
    など身体への負担が少なく感じます。

※私の場合はだるさなど身体への負担はありませんでした。

 

注意ポイント

ミノキシジルの外用薬に多い副作用は、

  • かゆみ
  • 皮膚への湿疹
  • フケ

かゆみの刺激が強い場合は、必ずメーカーに問い合わせしましょうね。

ペン丸の場合は、
「かゆみとフケ」を体験しました。
ただ、内服に比べれば圧倒的に軽いと感じます。

だるさ、倦怠感が強く表れる場合があるからです。

 

 

ミノキシジルの外用薬でも初期脱毛は起こるのか?【ペン丸体験談】

ミノキシジルの外用薬で副作用は起こるのか?

答えは、内服薬に比べれば低いが初期脱毛は起こります。

 

ペン丸の場合は、初期脱毛がありました。
ただ、内服薬に比べると少ないです。

外用薬の場合は初期脱毛が少なく、フケなどが増える傾向でした。

 

初期脱毛時の薄毛状態の悪化、透け感の増加が起こるときの対処方法

初期脱毛に備えて、うまくカバーする方法やアイテムがあります。

詳しくは以下のリンクへ。

 

 

発毛効果があるからこその第1類医薬品指定

ミノキシジルの外用薬、

リアップX5スカルプDメディカルミノキ5は第1類医薬品に指定されてます。

 

薬剤師さんを介して購入する必要があります。
薄毛に悩んでいると周りに知られたくないと思います。

 

私も知られたくないと感じた1人でした。
薄毛に悩んでいることを面識のない人にまで知られたくないと感じるます。

 

だって、相手がどの様に感じているか、分からないですもんね!
妄想が膨らむわ!。!

 

 

ミノキシジルの外用薬はネット購入がおすすめ

第一類医薬品指定のミノキシジルの外用薬はネットで購入できます。

 

アンケート形式で回答し購入できるシステムです。
この記事で紹介しましたリアップX5スカルプDメディカルミノキ5も購入可能です。

ネット購入のおすすめ

 

 

まとめ
ミノキシジルの外用薬(塗り薬)で副作用を抑え発毛体験する「おすすめの方法」

どうでしたか?

 

薄毛対策に効果的であることが分かったと思います。

  • 第一類医薬品
  • AGAクリニック

発毛を実感するは、どちらかです。
今の自分にあった方法を選んでみてくださいね。

 

ミノキシジル外用薬のポイント

  • ミノキシジルの副作用は内服薬に比べ少ない。
  • ミノキシジルの初期脱毛が内服薬より少ない。
  • 安心したAGA治療を行う場合はAGAクリニックを通す。
  • ミノキシジル外用薬は第1類医薬品に指定された医薬品発毛剤。
  • ミノキシジル外用薬は有名な企業が出しているため、安心感がある。

 

AGA治療は早期治療が良い理由とは?

 

 AGAクリニックで治療をスタートさせたいあなたへ【おすすめの選び方】

 

おすすめのAGAクリニック

AGAクリニック専門医 
安心して治療するなら

-AGA治療薬の悩み
-, , , ,

© 2021  ペン丸ブログ