AGA治療の疑問(原因•質問)

20代のAGAは治る!【AGAの発症率・症例・費用をブログで解説】

20代のAGAは治る!【AGAの発症率・症例・費用をブログで解説】

20代のAGA・薄毛は治る!

薄毛に悩むあなた
20代でもAGA治療って必要なのか?

20代のAGA治療について

  • 20代もAGAになるか?
  • AGAの予防対策
  • 20代のAGAの原因
  • 発症事例と頻度
  • 20代でAGA治療を行うメリット、デメリット

20代のAGA事情について解決する記事


結論


20代なら効果を実感しやすい

20代なら費用が安い

20代でAGA治療をはじめるメリットは大きくあります。詳しく解説していきます。

 


20代のAGAは治る!
■この記事を書いている人は?


ミノタブやめてフィナステリドだけで維持できる? ■この記事を書いている人は?

AGA治療を行ってからは、薄毛に悩むことがなくなりました。前向きに人生を歩めるようになりました。本当に感謝です!

当時のAGA治療の体験談をもとに解説しています。

崖っぷちハゲの半年間の軌跡

 

 

20代でもAGAになる?

20代でもAGAになる?

20代でもAGAになります

わたし自身もAGAを20代で発症しました。

 

AGAになっていることが分からず、間違った育毛方法を選択していました。

  • 育毛剤
  • 薬用シャンプー
  • 発毛サロン
  • 頭皮マッサージ
  • サプリメントなど

結果:効果を実感することができませんでした。

 

 

 

実際に20代でAGAになった声

 

 

 

 

 

20代のAGA発症率

20代のAGA発症率

AGAは進行型の脱毛症

薄毛って、年齢が上がるにつれて進行していくイメージはありませんか?

つまり、AGAになるのは30代・40代以降になるイメージを持っているかもしれません。でも、20代の若い世代も他人事ではありません。

 

ポイント

思春期以降にAGAになる


AGAを発症する原因に男性ホルモンが関係しています。そのため思春期以降ならAGAが発症する可能性が高く、20代でも発症するということ。

30代、40代に比べると発症率は低いものの、20代でも十分にAGAになるということです。

 

 

20代のAGAの発症率

AGAは約3分の1が発症する脱毛症

AGAになると、

  • つむじ・頭頂部が薄くなる
  • 生え際の後退・M字になる

このような特徴があります。

 

 

20代の発症率とは?

20代の発症率は10%

日本皮膚科学会ガイドラインの「性型男および女性型脱毛症診療ガイドライン(2017年版)」では、20代のAGA発症率は、約10%です。

 

10人に1人の割合で発症する

1/10で確率で発症と考えると、危機感を持たないと!って感じませんか?

 

 

20代のAGA発症事例

AGAは進行型の脱毛症

AGAは進行型の脱毛症のため、初期症状は深刻ではなく、抜け毛が増えたかな?くらいの感覚です。逆にいえば、初期症状で対処をしっかりできれば改善する可能性は高まります。

 

しかしAGAの進行が進むと、改善する見込みが低くなっていきます。どの時点でAGA治療を始めるかがとても大切になります。

 

 

どう対応すればいい

どう対応すればいい

進行度合いに合ったAGA治療

ポイント

わたし自身もAGAを20代で発症し、初期対応が遅く進行した状態からのスタートでした。

AGA治療を初期症状で行うことができれば、費用の負担、副作用のリスクも違っていたはずです。

では、どうすれば良かったのか? AGA治療を感じた体験談ベースで解説していきます。

 

 

AGA初期症状の対応

フィナステリドによる抜け毛予防

フィナステリドのみの場合は?

  • 抜け毛が増えた?
  • 生え際が後退した?
  • つむじが大きくなった?

以前に比べて少し、抜け毛や薄毛に対して意識するようになった時がAGAの初期症状です。

 

初期症状の時は、すぐに対策を行う必要がありません。それでもAGAは進行型の脱毛症。ゆっくりと進行していきます。

気づいた時には、進行していると言う場合があります。この時にAGA治療を決断できるか?も大切です。

 

 

フィナステリドによるAGA治療とは?

フィナステリド(プロペシア)を服用することで、AGAの原因である男性ホルモン(DHT)を抑制します。

その結果、抜け毛が抜けにくい頭皮環境へ整えていきます。

 

発毛を促すのではなく、抜けにくい頭皮環境に整えます。そのため、AGAの初期症状対策にオススメです。

※また、薄毛予防対策としてフィナステリドを飲む方もいます。

フィナステリドの効果と副作用について

 

 

AGAが進行した場合の対応

フィナステリドで抜け毛予防

ミノキシジルで発毛促進

併用治療行う場合は?

  • 頭頂部、つむじ部分の薄毛が目立つ
  • 生え際部分の後退が目立つ
  • もしくは生え際、頭頂部どちらも

このような状態に進行した場合は、フィナステリドで抜けにくい頭皮環境を整えつつ、ミノキシジルで発毛促進を促す方法が一般的です。

※この状態でフィナステリドのみで効果をみる方法もありますが。結果が期待できない場合もあります。

 


ミノキシジルとは?


ミノキシジルは発毛促進の効果があり、必要な栄養素が毛根に届けることで発毛促進を促す。

ミノキシジルの効果や副作用について

 

 

20代でAGA治療をはじめるメリット

20代でAGA治療をはじめるメリットはたくさんあり、中でも大きなメリットが2つ。

  1. 生涯の中で髪の毛を残せる
  2. AGA治療の効果がでやすい

上記のメリットがあります。詳しく解説していきます。

 

 

①生涯のヘアサイクルを保持できる

毛根は40~50サイクルまで

1つの毛根は40~50回の生え変わりを繰り返すと言われています。

ポイント

AGAになると髪の毛の成長期間が極端に短くなります。従来なら2年~6年くらい成長することができます。

つまり、2年サイクルの50回なら、100年間、1つの毛根を維持することができます。

 


AGAになると!


AGAになると成長期の期間が数週間~数カ月くらいで成長期を通過してしまう傾向です。

つまり、2カ月サイクルの50回なら、約9年間で、1つの毛根を失うことになります。

 


ヘアサイクル終了後はAGA治療は無意味


AGA治療を早期に行うことで生涯のヘアサイクルを維持しやすくなります。

つまり、ヘアサイクル終了した場合は、AGA治療を行っても効果は無意味っていいてもいいです。

だからこそ、AGA治療を早期に行いヘアサイクルを温存することが大切になります。

以前に比べて、

  • 抜け毛が増えた
  • つむじが大きくなった
  • 生え際が後退した

このような症状がおこった場合は早めの対処が大切になります。

 

②AGA治療で改善しやすい

早期治療は効果がでやすい

20代でAGA治療をはじめる大きなメリットは効果がでやすいこと!

20代だとAGAを発症していても、

  • AGAの進行度合いが軽い
  • 毛根の寿命が残っている

20代や早期にAGA治療を行うことで効果を発揮しやすい傾向にあります。

AGAは進行型の脱毛症です。進行が進む前に進行を抑えることで改善しやすく、毛根の寿命を延ばすことに繋がります。

 

 

20代でAGA治療をはじめるデメリット

20代でAGA治療をはじめるデメリット

20代でAGA治療をはじめることで薄毛を予防・抑制する効果がありますが、その反面でデメリットもあります。

  1. AGA治療の負担期間がながくなる
  2. 副作用を経験する期間がながくなる

上記のデメリットがあります。詳しく解説していきます。

 

AGA治療費用の負担

AGA治療の負担期間が長くなる

AGA治療を早期ではじめると治療費用の負担期間が長くなります。但し、20代や早期のAGA治療の場合は、3000円~6000円くらいでAGA治療をはじめることができます。

逆にAGAの進行が進んだ場合は9000円~18000円くらいです。

早期でAGA治療をはじめることで月の負担額を抑えることができる可能性があります。但し、早期AGA治療でもAGAクリニックによっては高額な費用を請求する場合があります。しっかりと見極める必要があります。

 

AGA治療の高額請求に騙されるな!これから始める方専用

 

 

副作用が発症する場合がある

AGA治療で副作用が発症する場合があります。

服用期間が長くなれば副作用を体験する期間も長くなります。但し、AGAの進行度合いが軽度の場合は、複数のAGA治療を行う必要がない場合もあります。

単体のAGA治療を行うことで副作用のリスクを抑えることができるメリットもあります。

 

 

20代だからこそ、早めのAGA治療が決めて!

20代だからこそ、早めのAGA治療が決めて!

早めにAGA治療をはじめるメリットを解説してきました。早期治療だからこそ、20代だからこそAGA治療をおすすめしています。

最後に軽く振り返っていきたいと思います。

 

  • AGA治療の効果がでやすい
    AGAの進行が軽微な場合が大きく、効果がでやすい。

  • AGA治療の費用が安い 
    AGAの進行が進んでいない場合は、3000円~治療が可能。
    3000円ではじめられる治療はこちらへ

  • 生涯のヘアサイクルを温存できる
    毛根には寿命があり、AGA治療を行い温存できる。

  • 副作用のリスク軽減
    AGAの進行が軽微なら、単体・抑制のAGA治療のみで抑えることができる。

 

 

■関連記事(安いAGAクリニックのご紹介)

安い!AGAクリニックの選び方「AGA治療費用・料金を比較検討しよう!」

続きを見る

■関連記事(後悔しないAGAクリニックの選び方)

後悔しない!AGAクリニックの選び方【AGA治療の費用・口コミ・評判付】

続きを見る

■関連記事(地域別クリニックのご紹介)

女性の薄毛治療について  オンライン診療ではじめる方法

大阪編  横浜編  名古屋編  福岡編  東京編 

 

-AGA治療の疑問(原因•質問)
-,