薄毛対策の疑問

睡眠不足ではげる?抜け毛との関係【薄毛治療に活かそう!】

  1. HOME >
  2. 薄毛対策の疑問 >

睡眠不足ではげる?抜け毛との関係【薄毛治療に活かそう!】

 

睡眠と薄毛との関係について分かる記事です。

 

  • 睡眠と薄毛の関係はあるのか?
  • 睡眠時間が長いとよいのか?
  • 睡眠時間が短いとダメなのか?
  • ゴールデンタイムとは?

睡眠と薄毛の関係性の疑問にお答えします。

 

睡眠不足とは?はげることや抜け毛との関係【薄毛治療に活かそう!】

「睡眠」「眠る」とは?

睡眠とは?

 

身体の体調を整える大切な行動であることは分かると思います。

 

体調が悪く休日にぐっすりと睡眠後、体調が良くなった事はないですか?睡眠を適切に取ることで人間の体調はエネルギーで回復させたりエネルギーを蓄えることができます。

 

寝不足状態が続いてしまうと、身体の代謝がうまく機能しなくなります。
身体はもちろん、肌や髪の毛にもダメージを与えることになります。

 

 

睡眠で回復・蓄積されたエネルギーには優先順位がある。

身体の中で作られた限られたエネルギーを供給する場合、優先順位があります。

 

優先順位が高いものは生命維持に必要な器官ということです。

 

生命必要な器官の優先順位が高いということは肌や頭皮や髪への優先順位は低いということです。

 

薄毛に悩む方には残念な結果です。

でも、適切な睡眠をとっていれば問題ないということにもなります。

 

睡眠におすすめの時間帯はいつ?

睡眠におすすめの時間帯はいつ?

肌や頭皮、髪の毛にとって効果的な時間帯があります。

ポイント

夜22時~深夜2時の時間帯が大切です。

この時間帯をゴールデンタイムと呼ばれています。

 

この4時間に一体何が起こるのか?

夜22時~深夜2時の4時間の時間帯に睡眠をとることで副交感神経が優位になります。

 

副交感神経が優位になると成長ホルモンが分泌されやすい状態になります。

成長ホルモンの分泌されやすい時間帯のことを考えると22時~2時の4時間の間というのは、
肌、頭皮の修復や髪の毛が成長しやすく、ハリ・コシがつく時間帯ということです。

成長ホルモンの分泌は肌や髪の毛にとって大切であることがわかりました。
また、分泌されやすい時間帯もわかりましたよ。

つまり、睡眠時間を薄毛対策に繋げる場合、成長ホルモンが出やすい22時~2時の間には寝る必要があることになります。

 

睡眠の質を考える ゴールデンタイムでないといけないのか?

睡眠の質を考える 

成長ホルモンの効果的な分泌のために22時過ぎには寝ている状態でいたいですが、どうしても仕事や勉強の関係で難しい方もいると思います。

 

そんな方には睡眠の質を考えましょう。 

いつも睡眠時間にバラツキがありませんか?
睡眠時間のバラツキは悪影響を与えます。

 

人間は無意識のうちに自分の生活サイクルを記憶していきます。

昨日は10時まで寝ていた。
おとといは昼過ぎまで寝ていた。

睡眠時間と睡眠の時間帯に大きなズレが発生すると睡眠サイクルにばらつきやズレが発生します。

 

また、睡眠時間がきちっと長く取っていても副交感神経の活動が低い朝から睡眠すれば、成長ホルモンが分泌されにくい状態に陥ります。

決まった生活サイクルをできるだけ行い、0時までには睡眠できるように努力しましょう。
睡眠時間と睡眠する時間帯が毎日同じなら安定した生活サイクルを作ることができます。

 

睡眠の質と睡眠時間 ゴールデンタイムに眠る必要が必須?

  1. 朝起きて、疲れが取れていない
  2. 頭がスッキリしない。
  3. 毎日眠くて仕方がない。

睡眠に不満を抱えている方は睡眠を考えるいいきっかけだと思います。

睡眠時間は長ければいいのか?

朝起きた時に睡眠不足感や不満が残らないようなら睡眠時間が4時間や5時間でも大丈夫です

毛髪のために睡眠時間を確保したいけど、短い睡眠時間でも抜け毛に影響がないということが分かれば安心しませんか?

睡眠の質が大切ということです。

ポイント

睡眠は最初の3時間後に深いノンレム睡眠に入ります。

疲れた身体の修復するために成長ホルモンを分泌させます。

つまり、ゴールデンタイムも重要ですが、睡眠後最初の3時間は重要でこの間に成長ホルモンも分泌されます。

その間の睡眠がうまく睡眠を続けることができるかも重要です。

質の良い睡眠を取ることが重要ですが、生活サイクルからはみ出さないように注意しましょう。

 

まとめ 睡眠を改善すれば薄毛がなくなるのか?

まとめ 睡眠を改善すれば薄毛がなくなるのか?

睡眠時間を改善しても薄毛が改善される可能性は低いです。

もしAGA治療などの発毛や育毛効果を狙った何らかの対策を行っている場合はより発毛育毛効果という結果が出やすい傾向になります。

  • 髪を増やす要因を増やしていくことも大切です。
  • たばこの喫煙をやめて禁煙を行う。
  • 生活習慣を見直す。
  • 髪の毛に良い成分を食べる。食生活を見直す。

こういった積み重ねが重なればよりよい結果が生まれていきます。

睡眠の質を考えておきたいポイント

  1. 毎朝同じ時間帯に起きれるように寝る時間帯を考える。
  2. 休日は遅くまで寝たくなるが1時間程の時間差で起きるようにする。
  3. 朝の光を浴びることは重要です。最低9時までには浴びれるようにしましょう。
  4. 睡眠の周期を考えて寝る時間を考える。
    睡眠の周期は90分です。
    睡眠時間が90分の倍数になるのがコツです。
    特に最初の3時間は重要です。
  5. 睡眠を取る環境も大切です。
    ベットや枕などを考えるのも大切です。
  6. 寝る前にスマホやパソコンをいじったりしていないですか?
  7. ベットや布団の中であれやこれやと不安になるようなことを考えたりしていないですか?
    睡眠の質が悪くなる、寝付きが悪るくなるような行動は行わないようにしましょう。

まずは、自分の身体のために睡眠を考えてみましょう。

結果として、頭皮や薄毛の良い結果に繋がる行動を行いましょう。

 

 

 

-薄毛対策の疑問
-, ,

© 2020 ペン丸ブログ【発毛への手順書】〜AGA治療の体験談〜