AGA治療薬のお悩み

プロペシア(フィナステリド)が効かない場合は?【原因と特徴を知って対策】

2020年5月6日

AGA治療で使用するプロペシアの効果がないという方に向けた記事です。

 

プロペシア、フィナステリド、フィンペシアの服用で、

  • プロペシアを服用しているけど効かない。
  • プロペシアはどんな効果が期待できるはずだったのか?
  • プロペシアで発毛効果があるのか?

といった疑問が解決する記事です。

 

 

プロペシア(フィナステリド)が効かない場合は?【原因と特徴を知って対策】

プロペシア(フィナステリド)で効かない人へ【効果を実感できない時の対処方法】

 

プロペシア(フィナステリド)を、
服用したけど効果を実感できない場合どうすればいいのか?

 

対処方法はあります。

 

まずは、プロペシアはどのような効果が期待できるのかを簡単に振り返ります。

 

プロペシア(フィナステリド)はどんな効果が期待できたのか?

プロペシアの期待できる効果とは?

プロペシアの期待できるはずだった特徴とは?

簡単に言うと、育毛効果が期待できるはずでした。

 

プロペシアやフィナステリドの服用によって、
ヘアサイクルの異常によって乱れたヘアサイクルを正常に戻す効果が期待できる予定でした。


正常に戻すことで抜け毛が抜けにくい頭皮環境へ導くことができるため育毛効果か高いです。

 

このような効果が期待できるはずでした。

 

ここで登場するプロペシアの名前ですが、
プロペシア=フィナステリド=フィンペシア=フィナロイドは全て同じ成分です。

 

プロペシアの効果を得るために、どのくらいの期間が必要だったのか?

個人差はあります。

 

効果を実感するまでに1日一度の服用で3カ月~6カ月は必要です。


※プロペシアの添付文書にも書かれている内容です。

 

プロペシアは6か月後の自分と比較する必要がある。

 

プロペシアを服用したけど効かないという方は、
まず6か月服用し観察しましょう。

 

ポイント

6か月経過しても、

  • 抜け毛が減らない

  • 髪が増えた感じがない。

という方はプロペシアやフィナステリドが効いていない可能性があります。

 

※プロペシアは基本的に発毛効果はありません。
ここでの発毛や増毛実感は抜け毛が減ることで増えたという印象を与える現象をさしています。

 

プロペシアからフィナステリドへ変えれば効果はあるの?

先ほど、お伝えしましたが、

プロペシア=フィナステリド=フィンペシア=フィナロイドです。


同じフィナステリドという成分が含まれた成分です。

 

注意ポイント

プロペシアから、

  • フィナステリドへ変える
  • フィンペシアへ変える
  • フィナロイドへ変える

ということを行っても効果を期待することはできません。

 

プロペシアの副作用や増毛効果について知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

プロペシアとは?フィナステリドの副作用と注意点&発毛効果【薄毛治療体験談】

続きを見る

 

 

プロペシアを服用しても効果を実感出来ない場合の対処方法とは?

 

プロペシアを服用して効果を実感できない方はあきらめるしかないのか?

 

そんなことはありません。
別の方法があります。

 

それはサガーロ(デュタステリド)というAGA治療薬への切り替えです。

 

サガーロ(デュタステリド)とは一体何か?【プロペシアとの違いとは?】

サガーロ(デュタステリド)とは一体何か?

 

サガーロの期待できる効果とは?

 

乱れたヘアサイクルを正常化し抜けにくい頭皮環境に整える効果が期待できる成分です。

 

つまりプロペシア(フィナステリド)と同じ効果が期待できます

 

プロペシアの効果をデュタステリド(サガーロ)で補えますね。

 

デュタステリド(サガーロ)の副作用について

サガーロにもプロペシアと同様に副作用があります。

 

注意ポイント

代表的な副作用は、

  • 性欲低減
  • 勃起不全
  • 肝機能障害 などがあります。

副作用の内容もプロペシアとほぼ同じです。

 

サガーロ(デュタステリド)の効果や副作用についてもっと詳しく知りたい方はこちらへ

デュタステリドとは?【サガーロやアボルブの効果と副作用について】★体験談

続きを見る

 

サガーロ(デュタステリド)とプロペシア(フィナステリド)の違いについて

サガーロとプロペシアの違いを知るためにヘアサイクルの仕組みから考える

サガーロとプロペシアの違いを考えるためにはAGAになる原因を知る必要があります。

 

AGAによる薄毛の原因はDHTという物質がヘアサイクルに作用することで起こります。

 ↓

ヘアサイクルの異常により髪が抜けやすい状態になることで薄毛・抜け毛に繋がります。

 

プロペシアもデュタステリドともにDHTを抑制する効果があります。

DHTに変換されるときにⅠ型・Ⅱ型の大きく2種類に分かれます。

  • プロペシアは、Ⅱ型に効果がある。
  • デュタステリドは、Ⅰ型・Ⅱ型の両方に効果があります。

という理由からプロペシアよりサガーロの方が育毛効果が強くなります。

 

 

サガーロの適応範囲が広いからプロペシアで効果を実感できなかった時に有効な手段

 

サガーロの方が頭皮に与える影響力が強いことがわかりました。

 

サガーロの効果を実感するまでには、
プロペシアと同じで6カ月の服用が必要です。

 

正しくAGA治療を継続して抜けにくい、抜け毛が少ない頭皮環境に変えていきましょう。

 

・サガーロ(デュタステリド)はどこで取り扱っているの?

サガーロはAGAクリニックで扱われています。

プロペシアやフィナステリドと比べると治療費用が高くなります。
費用の負担が高くなるので、AGAクリニックの遠隔診療などを利用するのもありです。

対面診療に比べ、AGA治療費用が安くなることが多いです。

オンライン診療に興味がある方はこちらの記事へ

オンライン診療でAGA治療を始めよう【ネット経由で遠隔診療するメリットとは?】

続きを見る

 

サガーロの副作用を考えるとき

 

サガーロにも同じく副作用が存在します。

新しくAGA治療を始める場合はリスクがあります。
副作用のリスクを考えたときにAGAクリニックで治療をスタートさせることが重要です。

 

副作用発症時は気持ちが不安になります。
不安から鬱(うつ)などへ悪影響を与える場合もあります。

 

AGA治療を始める場合は、AGAクリニックから始めることをおすすめします。

 

AGAクリニックの選び方や見つけ方が分からない方はこちらの記事を参考にしてください。

おすすめのAGAクリニックの無料でできる選び方【薄毛治療体験者が教える】

続きを見る

デュタステリドはプロペシアより副作用が、
・現れやすい。
・強く現れやすいと言われています。

 

安全にAGA治療を継続して行うためにAGAクリニックで安全に始めましょう!

 

 

 

まとめ プロペシアで効かない人へ

まとめ プロペシア(フィナステリド)で効かない人へ【効果を実感できない時の対処方法】

 

どうでしたか?

 

プロペシアで効果を実感できない場合の対処方法はありましたよね。

 

サガーロを正しく服用して抜けにくい頭皮環境に整えていきましょう。

 

抜けにくい頭皮環境に整えて抜けにくい状態へ導き、髪形やオシャレを楽しみましょうね。

 

 

おすすめのAGAクリニック

AGAクリニック専門医 
安心して治療するなら

-AGA治療薬のお悩み
-, , ,

© 2020 ペン丸ブログ