薄毛対策の疑問

育毛剤と発毛剤の違いについて【副作用やメリットとデメリット】

  1. HOME >
  2. 薄毛対策の疑問 >

育毛剤と発毛剤の違いについて【副作用やメリットとデメリット】

こんにちは、ペン丸です。

今回は育毛剤と発毛剤の違いについてです。
みなさんは、その違いをご存じですか?

  • 育毛剤で薄毛対策をしてます。
  • 育毛剤で頭皮ケアをしてます。
  • 育毛剤で発毛目的で使ってます。
  • 発毛剤を育毛目的で使ってます。

育毛剤や発毛剤を使っているけど、その違いを知らない方に読んで頂きたい記事です。

 

育毛剤と発毛剤の違いについて【副作用やメリットとデメリット】

育毛剤と発毛剤の効果の違いについて

発毛剤とは、
発毛するという効果をうたえる事ができます。

発毛剤は名前の通り「発毛する効果」が認められた医薬品です。
逆に育毛剤は「発毛すると」うたうことができません。

育毛剤と発毛剤と医薬品との関係

  • 発毛剤は医薬品になります。
  • 育毛剤は医薬部外品になります。

よくコンビニなどで置いている医薬品は医薬部外品です。

そういった意味でも、
医薬部外品は人体に対する効果が緩やかに影響する薬品を指しています。

育毛剤と発毛剤 どっちを使うべきか?

発毛効果を期待したいなら発毛剤がオススメです。
ただ、医薬品だけあって副作用のリスクがやや大きくなります。

副作用のリスクを考え育毛剤を選択する方法もあります。

  • 頭皮環境を整えてたい。
  • 頭皮の血行を促進したい。
  • 頭皮の土壌を良くしたい。

そういった方には育毛剤もおすすめになります。

 

育毛剤と発毛剤 具体的な成分の違いは?

ポイント

発毛剤には、
日本で唯一「髪を生やす成分」として厚生労働省に認可されている「ミノキシジル」が配合されています。
※外用薬のみ

ミノキシジルは血行を促進させる効果があります。

  1. 血流を促進させる
  2. 頭皮の細胞に栄養を届けることができます。
  3. 毛包(髪の毛を作り出す箇所)が栄養分が行き届く効果で活発になります。
  4. 髪の毛の成長を促進させ、髪の毛を太く長く成長させます。

ミノキシジルのこういった流れで、
新しい髪の毛を生やすのが特徴になります。

発毛する効果が認められている分、
発毛を促しくくれます。

発毛効果がある分、副作用が育毛剤と比べて出やすい傾向にあります。

 

育毛剤と発毛剤 効果の違いとは?

育毛剤と発毛剤 効果の違いとは?

発毛剤の効果

  1. 血流を促進させる
  2. 頭皮の細胞に栄養を届けることができます。
  3. 毛包(髪の毛を作り出す箇所)が栄養分が行き届く効果で活発になります。
  4. 髪の毛の成長を促進させ、髪の毛を太く長く成長させます。

結果、脱毛箇所に髪の毛が生えるようになります。

育毛剤の効果

  1. 頭皮を清潔に保つ成分が入っている。
  2. 髪の毛が育ちやすくなる頭皮環境を整えます。
  3. 頭皮から抜け毛が出にくい状態に運びます。

結果、抜け毛がしにくい頭皮環境に整えます。

  • 育毛剤は、
    「抜け毛を防ぐ頭皮環境に整える」脱毛防止の期待。
  • 発毛剤は、
    「脱毛箇所に新しい髪の毛を生やす」効果が期待できる。

育毛剤と発毛剤の違いです。

 

 育毛剤と発毛剤 副作用のリクスの違いとは?

育毛剤と発毛剤 副作用のリクスの違いとは?

育毛剤と発毛剤、
どっちも副作用のリスクはあります。

なんだかんだと、育毛剤も医薬部外品ですかね。

ただ、発毛剤の方が副作用のリスクが高くなる傾向になります。

では、詳しく見て行きます。

育毛剤と発毛剤 共通の副作用について

みなさんも、育毛剤を使用時に肌に合わない時があったら、

このような症状が出てませんでしたか?

共通の副作用

  • 頭皮のかゆみ
  • 頭皮のかぶれ

 

発毛剤のみに現れる副作用とは?

共通の副作用、
頭皮のかゆみ・かぶれについてはシャンプーやリンでも現れると思います。

発毛剤のみに現れる副作用について

  • 頭痛
  • 動悸
  • 抑うつ感
  • だるさ

このような副作用がおこるリスクはかなり低いです。

ペン丸自身も発毛剤を使用したことがあります。
上記のような副作用は現れず、頭皮のかゆみなどが続いた印象です。

副作用のリスクを考えるなら、AGAクリニックがおすすめです

今の自分の頭皮環境に合った育毛剤と発毛剤がおすすめ。

今の自分の頭皮環境に合った育毛剤と発毛剤がおすすめ。

育毛剤と発毛剤
どっちを使用すべきなのか?

お悩みな方もいると思います。

育毛剤は、
髪の毛の状態がふさふさで将来的に薄毛予防対策を目的の使用がおすすめです。

発毛剤は、
最近、薄毛がきになる。生え際や頭頂部などのつむじが気になりだす場合は、発毛剤の使用がおすすめです。
ただ、副作用のリスクを考えるのであれば、優れた育毛剤の使用も視野に入れるべきです。

 

発毛剤にどんな種類があるのか?

発毛剤=ミノキシジルを含んだ外用 医薬品です。

ミノキシジル含有の3種類をお伝えします。

LABOMO ヘアグロウ ミノキシ5【第1類医薬品】

ヘアグロウ ミノキシ5の特徴

  • ・発毛成分ミノキシジル 国内最高5%含有発毛剤。
    ・1回使用量が計量しやすい設計。
    ・ピンポイントで頭皮に浸透させられる設計。
    ・ヘアケアのアートネイチャー製品で安心。
    ・[効果・効能]壮年性脱毛症における発毛、育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防。
    ・容量:60mL
    ・価格:6960円
    ・区分:第一類医薬品・日本製

リアップX5 プラスネオ

リアップX5 プラスネオの特徴

  • ・発毛成分ミノキシジル 国内最高5%含有発毛剤。
    ・ミノキシジル以外にも6種類の有効成分配合。
    頭皮環境を整え発毛をサポートします。
    ・1回使用量が計量しやすい設計。
    ・ピンポイントで頭皮に浸透させられる設計。
    ・大正製薬製で安心でCMでもおなじみ。
    ・[効果・効能]壮年性脱毛症における発毛、育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防。
    ・容量:60mL
    ・価格:7752円
    ・区分:第一類医薬品・日本製

 

スカルプD メディカルミノキ5

スカルプD メディカルミノキ5の特徴

  • ・発毛成分ミノキシジル 国内最高5%含有発毛剤。
    ・1回使用量が計量しやすい設計。
    ・ピンポイントで頭皮に浸透させられる設計。
    ・スカルプDでおなじみの発毛シリーズ。
    ・[効果・効能]壮年性脱毛症における発毛、育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防。
    ・容量:60mL
    ・価格:7800円
    ・区分:第一類医薬品・日本製

 

育毛剤にはどんな種類があるのか?

育毛剤おすすめの2選をお伝えします。

チャップアップ(CHAPUP)

チャップアップの特徴

  • ・全額返金保証書付きで安心
    ・定期便割引あり。
    ・頭皮環境を整える育毛成分
    天然成分55種類+アミノ酸15種類配合
    ・育毛剤以外にも髪の毛に特化したサプリメントあり
    もちろんシャンプーもありトータルケアできる。
    ・毛髪診断士と共同開発商品
    ・[効果・効能]育毛・発毛促進・毛生促進・かゆみ・フケ・脱毛防止・養毛
    ・容量:120mL
    ・価格:8840円
    ・区分:医薬部外品

ケフトル ローションEX

ケフトル ローションEXの特徴

  • ・30日間の全額返金保証で安心
    ・個数による割引あり。
    ・ケルトルの5つの核心
    によって頭皮を正しいヘアサイクルに導く。
    ・育毛剤以外にも髪の毛に特化したサプリメントあり
    もちろんシャンプーもありトータルケアできる。
    ・天然由来成分へのこだわり
    ・[効果・効能]育毛・発毛促進
    ・容量:120mL
    ・価格:8640円
    ・区分:医薬部外品

 

育毛剤や発毛剤以外にも気をつけること。

育毛剤や発毛剤以外にも気をつけること。

食生活や生活習慣も大切です。

髪に必要な栄養素が接収していなければ、届ける頭皮環境が整っていても、届けることができません。

 

薄毛やAGAでお悩みなら併せて食生活や生活習慣の見直しも併せて行うことをおすすめします。

まとめ

育毛剤と発毛剤の違い

どうでしたか?

育毛剤と発毛剤の違いがわかりましたか?

  • 発毛剤は、発毛効果が認められている。
  • 育毛剤は、今ある髪を抜けにくい頭皮環境を整えることに期待です。

この違いはとても大切な部分です。
しっかりと理解して自分に合った

発毛剤や育毛剤を見つけましょうね。

-薄毛対策の疑問
-, ,

© 2020 ペン丸ブログ【発毛への手順書】〜AGA治療の体験談〜