AGA治療のコツ

ハゲをカバーするカツラ等vsAGA治療【どっちがいいかな?】

  1. HOME >
  2. AGA治療のコツ >

ハゲをカバーするカツラ等vsAGA治療【どっちがいいかな?】

  • AGA治療
  • カツラ
  • 増毛サロン
  • 育毛剤など

いろんな薄毛対策と比較してAGA治療と比べてみたいと思います。

どんな薄毛対策を行えばいいのかわからないという疑問にお答えする記事です。

ハゲをカバーするカツラ等vsAGA治療【育毛剤、増毛サロン、どっち?】

薄毛治療を比較【カツラ、育毛剤、増毛サロン】

みなさんは薄毛対策というと、どのような方法を思い浮かびますか?

ポイント

  1. カツラ
  2. 増毛サロン
  3. 育毛剤
  4. AGA治療

それぞれには長所(メリット)と短所(デメリット)があります。
自分にあった薄毛対策を行うことが効果的です。

では、見ていきましょう。

 

カツラで薄毛対策を行う

カツラとは?

人工的に作ったかつら。つむじ、頭頂部分の頭皮の透け感など薄毛が気になる箇所に被せてカバーする。
結果、薄毛が気になる箇所を隠すことができる。

  • カツラの費用

    15~40万【1つあたり】

    ※2、3年程度で買替えを行う。
    修理の場合は、4、5万かかる。

     

  • カツラのメリットとデメリット

    カツラのメリット
    ・自分の気になると薄毛箇所をうまくカバーできる。
    ・カツラさえあれば、すぐに隠すことができる。

     

    カツラのデメリット
    ・髪の毛が伸びるにつれてカツラのセット時の見た目に変化が生じる不自然に見える場合がある。

    ・起こる可能性は低いが、装着したカツラが不意に外れる場合がある。
    ・カツラの修理やメンテナンスに備えて、2つのカツラは用意しておきたい。
    ・かつらの取り付け作業が毎日必要で作業時間が必要で面倒くさい。

     

  • AGA治療と比べてみる。・AGA治療薬による副作用のリスクがない。
    ・薄毛の根本的な治療はできない。
    ・AGA治療費用の相場に比べ、カツラの維持費は高い。
     

 

増毛サロンで薄毛対策を行う

増毛サロンとは?

今現在ある髪の毛に人口毛などを結びつける。
1本の髪の毛が3本になるなど、増えて見える効果がある。
結果、頭皮の透け感が目立たなくなり、毛量も増す。

  • 増毛サロンの費用

    年間15万~30万円
    ※月に一度メンテナンスが必要。
    年間契約の場合が多い。

     

  • 増毛サロンのメリットとデメリット

    増毛サロンのメリット
    ・気になる箇所に気軽に結びつけることができる。
    ・カツラのように取り外す必要がなく日々のメンテナンスが楽。

     

    増毛サロンのデメリット
    ・結びつけた髪の毛が伸びれば、不自然な印象を与える。
    ・結びつけている髪の毛の成長に合わせて、
    もしくは脱毛によって見た目に変化が生じる。
    ・不自然にならないために定期的に増毛を行いバランスを整える必要がある。

     

  • AGA治療と比べてみる。・AGA治療薬による副作用のリスクがない。
    ・薄毛の根本的な治療はできない。
    ・AGA治療費用の相場に比べ、増毛サロンの維持費は高い。
     

 

育毛剤で薄毛対策を行う

育毛剤とは?

ドラッグストアや薬局などで購入でき気軽に始めることができる。
頭皮用の塗り薬でフケ、かゆみなどを抑え頭皮環境を整える効果がある。

 

  • 育毛剤の費用

    ・1000円~10000円前後(月々)
    ※価格帯の幅が広い

     

  • 育毛剤のメリットとデメリット

    育毛剤のメリット
    気軽に始めることができる。
    頭皮のフケやかゆみを抑えることができる。
    育毛効果に有効。
    ・頭皮マッサージと一緒に施し、クールダウンできる。

     

    育毛剤のデメリット
    発毛効果は期待できない。
    ・長期的な使用で育毛効果を狙う場合は有効。
    ・自分に合う、合わないはあるがある。

     

  • AGA治療と比べてみる。
    ・AGA治療薬による副作用のリスクが圧倒的に少ない。
    ・薄毛の根本的な治療はできない。
    将来的な薄毛対策として早くから行う対策が育毛剤。
    ・AGA治療費用の相場に比べ、育毛剤の維持費は安い。
    ※発毛効果は求めることはできない。
     

 

 

AGA治療で薄毛対策を行う

AGA治療とは?

発毛効果や育毛効果が期待できる服用薬(飲み薬)や外用薬(塗り薬)を利用する。
自分自身の髪の毛で発毛を促す。もしくは、抜けにくいヘアサイクルに変化させる。

  • AGA治療の費用

    AGA治療の費用 月3,400円~15000円

    ・育毛効果の場合、3000円~5000円(月々)
    ・育毛効果の場合、14000円~17000円過(月々)

     

  • AGA治療のメリットとデメリット

    AGA治療のメリット
    ・自身の髪の毛の
    発毛を目指すAGA治療
    ・第一類医薬品として販売されており、気軽に始めることができる。
    ・ヘアサイクルの乱れを整える。
    ・スタイリングや髪形など自由に行える。
    ・頭皮マッサージと一緒に施し、クールダウンできる。

     

    AGA治療のデメリット
    ・AGA
    療薬を服用する場合、副作用が起こる場合がある。
    ※AGAクリニックにて相談しながら治療を継続する。

    ・ミノキシジル服用時、初期脱毛の可能性がある。
    ※初期脱毛が起こることはヘアサイクルの乱れを整えている部分もある。

    ・発毛育毛効果が出るのは2ヶ月ぐらい経過が必要。
    ※産毛のような弱い髪の毛が発毛し太い髪の毛に変化していく。

    ・服用薬(飲み薬)の場合、毎日同じ時間帯に服用する。

    ・AGAクリニックに定期的に通院する必要がある。
    ※AGAクリニックによってはオンライン診療もできるクリニックもある。

  • ほかの薄毛対策と比べてみる。
    ・AGA治療は薄毛や気になる頭皮の透け感やその箇所の発毛を促すことができる。
    ・薄毛の根本的な治療を行える。
     

 

まとめ

どうでしたか?

  • かつら
  • 増毛サロン
  • 育毛剤
  • AGA治療

・カツラや増毛サロンの問題点

 カツラや増毛サロンは定期的に高額な維持費が必要になります。
 お金に余裕があり、副作用のリスクを考えたくない方にはお勧めです。

 

・増毛サロンの問題点

 結ぶつける髪がなくなればできなくなります。
増毛と一緒に育毛効果を上げる必要もあります。

 

・育毛剤の問題点

 維持費が少ない金額で済む場合もありますが、育毛効果は限定的な場合が多いです。
 ただ、値段に相当の場合が多く、しっかりとした値段の育毛剤の場合は、ボリューム感が増すなど効果があるかもしれません。

 

・AGA治療【根本的な治療はAGA】

発毛を実感したい方は、AGA治療一択です。
副作用のリスクもあるのでなかなか一歩を踏み出すことができない場合もあるかもしれません。

 

AGAは進行型の脱毛症で早くの対処がおすすめです。

人間のヘアサイクルの回数は決まっており、発毛が期待できなくなってからのAGA治療になれば発毛が期待できません。
AGA治療のことをよく知って正しくAGA治療を行えば大丈夫です。

 

AGA治療に踏み切れない人の傾向とは?

AGA

  1. AGA費用が高そうだ。
    ほかの治療方法にくらべリーズナブルな価格から始めることができます。
     
  2. 育毛剤や増毛で効果が得られにくくなった場合の最後の方法だ。
    AGAは進行型の脱毛症です。早くのAGA治療をおすすめします。 
  3. 自分の周辺にAGA治療を行っている人がいないから不安。
    このブログを活用してください。
    発毛効果も披露しています。 
  4. AGAクリニックに通院することに手間だ。
    オンライン診療も可能です。 
  5. まずはスカルプシャンプーや育毛剤で様子を見たい。
    発毛効果はないです。頭皮のクールダウンに良いと思います。 
  6. 近くに通院できるAGAクリニックがない。
    オンライン遠隔診療で診察が終了する方法があります。 
  7. どのような薄毛対策をすればいいのかわからない。
    価格、効果をよく考えて行動しましょう。
    薄毛に悩むなら、AGA治療をお勧めします。

こういった理由であとまわしにしてませんか?

AGA治療は進行型の脱毛症です。
根本的な治療を行い薄毛を気にしない人生にしましょうね。

 

これからAGA治療を開始したい方へ

 

 

-AGA治療のコツ
-, , , ,

© 2020 ペン丸ブログ【発毛への手順書】〜AGA治療の体験談〜