AGA治療のコツ

壮年性脱毛症とは?【AGA・男性型脱毛症との違い】

  1. HOME >
  2. AGA治療のコツ >

壮年性脱毛症とは?【AGA・男性型脱毛症との違い】

 

 

壮年性脱毛症とAGA、男性型脱毛症との違いが分かる記事です

 

CMや広告で壮年性脱毛症っていう言葉を聞いたことがありますか?
その一方で、AGAという言葉を聞いたこともあると思います。

  • 壮年性脱毛症について
  • 壮年性脱毛症とAGA、男性型脱毛症の違い

上記の疑問が解決する記事です。

 

 

壮年性脱毛症とは?【AGA・男性型脱毛症との違い】

壮年性脱毛症とは?【AGA・男性型脱毛症との違い】

 

結論からいいますと、

壮年性脱毛症=AGA=男性型脱毛症

同じ意味をさしています。

 

なぜこのように名前の呼び方が違うのか詳しく見ていきます。

 

そもそもAGAとは何か?

AGAは、AndroGenetic Alopeciaの略なんです。

 

AndroGenetic Alopeciaの意味が「男性型脱毛症」です。

 

AGAの日本語訳版が男性型脱毛症ということです。

 

なぜ?
壮年性脱毛症という言葉があるのか?

  • 壮年性脱毛症は30代、40代、50代のAGA(男性型脱毛症)の抜け毛や薄毛の人を指しています。

    この年代は働き盛りの壮年期を指しており、かつ、AGAの症状が発症している場合。
    壮年性脱毛症と読んでいます。

 

壮年性脱毛症とAGAの違いは?

  • AGA=男性型脱毛症
  • 壮年性脱毛症は30代~50代の壮年期が対象でAGAである場合に呼ばれています。

ただ、基本的にはAGAと同じ症状で対策も同じです。
名前が違うだけで基本的な意味は同じと思っていただければ良いと思います。

 

逆に10代や20代前半の若年期になる薄毛や抜け毛は若年性脱毛症と呼ばれます。
年代で区切ったため、言葉の違いが生まれました。

 

では、AGAのことを知ったついでに少し詳しく見ていきましょう。

 

壮年性脱毛症・AGA・若年性脱毛症の特徴とは?

  • 壮年性脱毛症
  • 若年性脱毛症

AGAの治療で改善する場合が多いです。
ただ、AGAによる抜け毛が原因でない場合は対策が異なります。

 

AGAクリニックの無料カウンセリングを気軽に利用して自分の薄毛や抜け毛の原因を調べてみるのもありです。

★薄毛の原因はAGAだけではありません。脱毛症の種類をもっと知りたい方はこちらへ

 

AGA(男性型脱毛症)の特徴は?

AGA(男性型脱毛症)の特徴は?

 

AGAは進行型の脱毛症。
AGAによる脱毛症の人は全国で1260万にいると言われています。

 

何らかのケアをしている人は半分程度で、ハゲになる可能性が高いということです。

 

AGAは進行性の脱毛症です。
何も対処せずに放置すれば、髪の毛はさみしくなり、徐々に薄くなっていきます。

 

人間の髪の毛が生ませる回数には回数が決まっているため、AGAは早めの治療が重要です。

 

AGAの進行パターンは?【ペン丸体験談】

AGAには進行する脱毛パターンがあります。

脱毛パターン

  • Ⅰ型 全体が薄くなる
  • Ⅱ型 後頭部を中心に薄くなる
  • Ⅲ型 前頭部からM字型に薄くなる。
  • Ⅳ型 Ⅲ型に加え頭頂部からも薄毛が進行する
  • Ⅴ型 頭の真ん中から後退していく
  • Ⅵ型 頭頂部から輪が広がるように薄くなっていく

ペン丸の場合は、Ⅳ型の症状でAGA治療を開始しました。
ミノキシジルとプロペシア(フィナステリド)の服用で改善できました。

★もっと、発毛体験のことを知りたい方はこちらへ

ミノキシジルとプロペシアで発毛効果はあるのか?【AGA治療 体験談】

続きを見る

 

 

AGAのヘアサイクルについて

髪の毛は正常時は時間をかけて以下の周期で生まれ変わります。

 

ヘアサイクルの周期について
成長期2~6年
退行期2~3週
休止期3~4カ月

 

AGAの症状になると周期に変化が訪れます。
ヘアサイクルが乱れ、周期が短くなります。

 

成長期に時間をかけて伸びる予定だった髪の毛が成長せず、

  • 退行期
  • 休止期に突入します。

その結果、髪が細くなり、抜け毛が増え全体のボリューム感がなくなります。
さらに悪化すれば頭皮の透け感が目立つ状態になります。

 

先ほども申しましたが、AGAは進行型の脱毛症です。
そのため、早めの治療がおすすめです。

 

もし、AGA治療を行いたいを思われた方はこちらの記事へどうぞ


AGAをオンライン診療で初診から行う方法【遠隔診療ができる治療】

続きを見る

 

まとめ 壮年性脱毛症とは?

AGA=男性型脱毛症

年代で分けると、

  • 30代~50代は壮年性脱毛症。
  • 10代~20代は若年性脱毛症と呼びます。

基本的にはAGAであり、AGAの治療を行えば改善を見せる場合が多いです。
確信を得るために無料カウンセリングを活用してAGAクリニックで調べてみましょう。

 

早くの治療や対策でこれからの自分に変化を起こすことができます。
皆さんも早めのヘアを始めましょうね。
★AGAは早めの治療がおすすめします。その理由はこちらです

 

-AGA治療のコツ
-, ,

© 2020 ペン丸ブログ【発毛への手順書】〜AGA治療の体験談〜